2015レポート

まだ、息を吐くと白い時期、2月から準備を始めた2015年度のイベントコンテスト。
協会設立15周年の集大成を。と、気合を入れた本年度のイベントコンテスト。

9月26日(土曜日)
月曜日に週間天気予報が発表され、生憎の天気予報・・・。
過去、15年を振り返れば、コンテストを数十回行ってきたが雨で中止は一度だけ。
なぜか、雨でも現地に行けば雨が上がる奇跡のJFSAなんて言われてたことを思い出しながら。
前日金曜日17時の天気予報でまさかの曇りへ変更と、無事に開催を発表決定した。

年々膨れ上がるフリースタイルスケーターの人口。
約半数のエントリー者が初出場と世代交代さながら新たなスター発掘となりそうな本年度のコンテスト。
シニア・アマチュア・ガールズと36名、翌日行うプロ含め、合計49名のフリースタイルスケーターが集結。
JFSA恒例となった海外選手も5名と全日本選手権なのに国際大会になりつつある(笑)

(シニア・アマチュア・ガールズ集合写真)
毎度のことながら、JFSAでは、選手が自ら会場設営をボランティアでお手伝いしてくれる。
本来ならば、イベント会社へ大金を払い設営開催と放り投げるのがベスト。

本当に参加者、ボランティアと毎回頭があがりません!! いつもありがとうございます。

AM10:00
予定通り、開会式から始まり、シニアクラスからのスタート。

○シニアクラス
海外選手含め合計6名となったオッサンクラス。最年少で43歳〜最年長53歳(笑)
良い大人ですね!! 今時の40~50代って運動もしなけりゃ肥満だったりするもんですが、
オッサンスケーターはオヤジの鏡ですね。
みんなスリムと多少のメタボで済みます。
結果

堂々3位に入賞したのは海外からわざわざこの大会に娘を連れてエントリーしてきた
Eric Schaderフロム スウェーデン。
1本目はあまりの緊張で全然ダメでしたが、2本目は落ち着き素晴らしい演技。
滑り終わったら、
「ヘイ モイチ!! これは私の人生で一番のベストスケーティングだったよ!!」
って興奮して言ってました。
娘さんに格好良いお父さんの姿見せれて嬉しいでしょうね!!おめでとう!!


2位入賞は今回最年長53歳。大阪から飛行機で駆けつけて来てくれた
高垣裕一選手。さすがフリースタイルスケートボードだけあって、
写真では何をやってるのかすら分かりません(笑)

個人的に、初めてスケーティングを見て、プロと同じ乗り方をしてますね。
デッキの扱い方、踏み方、乗り方と。一流に最も近いオッサンです。
音楽との調和、フットワーク(ウォーキング)の軽さ共に抜群でした。


見事優勝を手にしたKING of オッサンは。
若干43歳(笑)の村川大介選手。
1本目は緊張でガチガチでしたが、2本目はさすが、
バリエーション豊富なトリックで魅了してました。
おめでとう!!

写真:左3位 Eric 中優勝 村川 右2位 高垣 3人合わせて148歳。

○アマチュアクラス
20名のエントリーがあったアマチュアクラス。
初めて見る顔が多く、とても新鮮でした。
プロ戦を狙う者、友達同士での対決と、色々な思いがあったでしょうね。
翌日行われるプロトーナメント出場権3名をかけた熱きバトル。

アマチュアクラスにはアメリカはラスベガスからわざわざ日本の大会のために
来日したDaniel Joaquin Trujillo


結果は残念ながら11位でしたが、見慣れないトリックに歓声があがってました。
また、来年来てください!!ありがとう。

上位3名

あどけない顔の少年は若干10歳。長尾一慧。

将来有望な若きフリースタイルハイブリットスケーターの一人。
小さい体でB/S540ショーヴイット、フェイキー540ビッグスピンを見事にメイク。
フリースタイル系のスタンディングトリックよりもハイスピードでの回し技が目立つ若き有望株。
何と言ってもシルエットスタイルが格好良い!!
個人的にファンなんです。スミマセン。見事に3位入賞。


見事に!! と言うか、やっと!!2位にたどり着きプロ戦挑戦権を得た安本光宏。
JFSA常連でもアリ。彼もまたハイブリットスタイル。

恐らく、これからの主流となるフリースタイルは彼のような両刀使い。
2刀流スタイルなのかも知れないですね。
本当に格好良かったと思います。


そして見事アマチュア優勝を2連覇と成し遂げた山本勇。
彼は日本よりも世界で有名なスケーター。若干12歳。

まぁ、とにかくミスをしない。
フリースタイル系レールトリックを主とした構成で見事優勝。
8月にドイツで行われた「天才チビッコ発掘」的なTVにも出演。
そちらでも2位と、素晴らしい成績を収めている。
今後、彼のような新しいスターが沢山フリースタイルスケートボーダーから出れれば
未来のフリースタイル界も暖かいですね!!おめでとう。

写真:左から優勝、山本勇 2位安本光宏 3位長尾一慧 
4位藤井祐大 5位安間結友矢 6位今村一矢

○ガールズクラス
すごい勢いで増え続けているフリースタイルガールズ。
協会設立当時からガールズクラスを作るものの、エントリー者が少なすぎて
大会にならなかったのに。
今回は7名のガールズが華を咲かせてくれた。
今回エントリー出来なかったガールズも含め、改めてまた大会を開催したいですね!!
ってことで、女達の熱き戦いが開かれた2015.

ベストショットを含め軽くご紹介。

コチラは今大会最年少7歳の石田コトリちゃん。結果4位。
昨年も出てくれて、たった1年で別人のように上手になってました。


人生初大会の近田モナちゃん。


ハイブリットスタイル女子。村松みずきちゃん。


昨年2014女王の谷ほのかちゃん。ジムナスティックからフリップ入れてました。


そしてコチラから堂々3位入賞。

山脇ソラちゃん11歳。凄く姿勢の良いスマートなスケートスタイル。

フリースタイルウォーキングがとてもスムーズでした。3位おめでとう!!


堂々の2位入賞は3位のソラちゃんのお姉ちゃん山脇ヒナちゃん13歳。
姉妹で2位3位をGET。

姉妹そろって姿勢の良いスタイル。足と手が長いので本当に
フリースタイルウォーキングの伸びが凄く綺麗に見えてしまう。
実際にトリックも多彩で華のある滑りでした。
この先の成長ぶりが本当に楽しみですね。

そして見事2015年度女王の座に座りついたのは。

受験勉強も終わり帰ってきた土田ミレイちゃん。
ついに髪も少し切りました(笑)

ガールズライダーで彼女は有名人。ご存知の通り、ハイブリッドです。
女の子でここまでスタイル作れる人って少ないのでは。
久々に滑りを見たけど進化してました。やっぱスタイル身に着けると格好良いよね。
おめでとう!!


写真(左)3位山脇青空 (中)優勝土田美玲 (右)2位山脇陽菜
非常に華のある熱き女達の戦いは来年へと続くと思う。

○スピンコンテスト
イベントスタッフ全員強制参加の毎年恒例スピンコンテスト。
もちろん写真真ん中の黒い人、MCで疲れているのに強制参加。

上田豪プロはストリートなんで初のスピンででしたが、
帰り際に2回転回ったようで(笑)

みんな緊張がほぐれ、爆笑するスピンコンテスト。
昔はフリースタイル=スピンだったのに、今では出来る人がほとんど居ない。

ジャッジ主任でお疲れのところスピン日本記録保持者の秋山勝利氏にお手本。
アップなしに17.5回転も…。

結果
優勝:藤井俊彰 13.5
2位:山本勇 12.5
3位:鈴木茂一 8

26日は無事に予定していた行事を全て終了。
27日はプロトーナメント本戦。
18時の時点で翌日の天気予報は・・・・え‘‘!?まさかの雨予報!!!???
天気予報急変!!

続く。
 
コメント
コメントする